キャッシュフロー計算書の作成と雛形
解説ページ一覧当サイトについて



キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement)とは、企業の一会計期間におけるキャッシュフローの状況利害関係者に報告するために作成される財務諸表をいいます。
キャッシュフローの状況を報告
ちなみにキャッシュフローの状況とは、一会計期間にどれだけのキャッシュが流入し、どれだけのキャッシュが流出したのかをいいます。

詳細はこちら 

なぜキャッシュフロー計算書が必要なのか?

現行の企業会計は発生主義会計をベースとしているため、損益計算書において計算される利益と実際に事業活動の成果としてもたらされた現金増、すなわちリアルな儲けとは異なります。
利益はキャッシュと違う
それに対してキャッシュフロー計算書は、企業が事業活動の成果としていくらのキャッシュを稼いだのかを直接明らかにする報告書です。したがってキャッシュフロー計算書は発生主義をベースとしている現行制度会計の欠点を補うものとして重要な財務諸表として位置づけられています。

詳細はこちら 

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは、資金の流れのことをいいます。

ちなみに資金の流れとは、ある会計期間にどれだけの資金が流入してどれだけの資金が流出したかを指します。
資金の流れ
つまり、キャッシュインフロー(流入)からキャッシュアウトフロー(流出)を差し引いた純額がキャッシュフローとなります。

詳細はこちら 

キャッシュとは

キャッシュフロー計算書が対象とする資金の範囲(=キャッシュ)は概ね貸借対照表に記載されている現預金と同じです。
キャッシュ≒貸借対照表の現預金
しかし実際にはキャッシュは現預金よりもう少し幅広い概念となっています。

詳細はこちら 

キャッシュフロー計算書の区分

キャッシュフローはキャッシュフロー計算書において次の三つに区分して記載されます。

営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフロー

実際のキャッシュフロー計算書の具体例はこちらです。


営業活動によるキャッシュフローの区分

営業活動によるキャッシュフローの区分に記載されたキャッシュフローの純額(営業キャッシュフロー)はその会社が本業の営業活動からどれだけのキャッシュを稼いだのかを示します。
本業の営業活動キャッシュフロー計算書において営業キャッシュフローは最も重要です。

営業活動によるキャッシュフローがプラスである場合はその会社の本業が順調であることを意味し、これがマイナスであるときは本業が不調であることを意味します。マイナスが一時的なものであれば特に問題ありませんがこれが複数年度続くようですと会社存続の危機となります。

詳細はこちら 

投資活動によるキャッシュフローの区分

投資活動によるキャッシュフローの区分に記載されたキャッシュの純額(投資キャッシュフロー)はその会社が会社の将来のためにどの程度の資金を投資したのか、余剰資金をどのように運用しているのか等を示します。
未来投資・余剰資金の運用
したがって投資キャッシュフローは優良な会社ほどマイナスとなる傾向が高く、近い将来にいずれその未来投資のリターンが期待できるはずだと一般的にはポジティブに捉えられます。

詳細はこちら 

財務活動によるキャッシュフローの区分

財務活動によるキャッシュフローの区分に記載されたキャッシュフローの純額(財務キャッシュフロー)はその会社の資金調達の外部依存度を示します。
資金調達と資金返済
本来の理想からいえば会社は営業活動で稼いだキャッシュを使って未来投資や設備投資を行うべきでそれが最も健全な会社の姿となりますが、通常はどの会社も諸事情により外部から資金調達(銀行借入等)を行うのが普通です。無借金経営はトヨタなど極一部の会社に限られます。

財務キャッシュフローがプラスであれば銀行借入等により外部から資金調達を行ったことを意味し、逆に財務キャッシュフローがマイナスであれば資金的に余裕があるため銀行借入を早期返済等したことを意味します。

詳細はこちら 

フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローとは、企業本来の営業活動の結果獲得したキャッシュフロー(営業キャッシュフロー)から、現事業維持のために必要なキャッシュフロー(投資キャッシュフロー)を差し引いたものです。
自由に使うことができるお金
つまりフリーキャッシュフローとは、その会社が自分で稼いだ自由に使うことができる資金的余裕だといえます。当然フリーキャッシュフローは多ければ多いほどポジティブな要素となります。フリーキャッシュフロー最大化をを重視するキャッシュフロー経営の立場では非常に重視される指標です。

詳細はこちら 

キャッシュフロー計算書には二つの様式がある

キャッシュフロー計算書には次の二つの様式があります。
直接法キャッシュフロー計算書、間接法キャッシュフロー計算書
このうち、国際会計基準では直接法が支持されていますが日本では上場企業が公表するキャッシュフロー計算書は99%くらいが間接法となっています。なお、この両者の違いは営業活動によるキャッシュフローの区分の表示方法に過ぎません。投資活動によるキャッシュフローの区分と財務活動によるキャッシュフローの区分はどちらの様式を採用した場合も全く同じです。


直接法キャッシュフロー計算書とは

直接法キャッシュフロー計算書は、キャッシュインフローとキャッシュアウトフローとを直接足し引きして営業活動によるキャッシュフローを表示する方式です。

詳細はこちら 

間接法キャッシュフロー計算著

間接法キャッシュフロー計算書は、損益計算書の当期純利益を出発点として、そこに各種調整を加えることで間接的に営業活動によるキャッシュフローを表示する方式です。

詳細はこちら 

キャッシュフロー計算書の読み方

キャッシュフロー計算書を読む場合にはいきなり細部に注目しないでまず最初におおまかな全体像からトレンドを読み取っていきます。
大まかな全体像

詳細はこちら 

黒字倒産とは

黒字倒産とは、黒字会社が倒産してしまうことをいいます。

損益計算書だけ見ると利益がでていて好調なのにいきなり会社倒産してしまう事例が過去に結構ありましたがその多くが過剰在庫を原因としていました。
過剰在庫⇒資金繰悪化⇒黒字倒産

詳細はこちら 

キャッシュフロー計算書の作成手順

キャッシュフロー計算書の作成はExcelの精算表を使うのが一般的です。そのExcel精算表はこちらで無料公開してます。

Excel精算表を無料公開
Excel精算表に↓のような手順で数字を入力していくだけで簡単にキャッシュフロー計算書が作成可能です。
詳細はこちら 

資金繰りとは

資金繰りとは、資金の残高が不足して資金がショートすることがないよう資金の残高を管理し、資金不足が見込まれる場合には事前に対策を立ててやりくりすることをいいます。

なお、キャッシュフロー計算書が上場会社等に対してその公表が義務付けられている財務諸表であるのに対して、資金繰り表はあくまで内部資料でありその作成は任意である点で大きな違いがあります。

ちなみに資金繰り表は主に将来の予測であるのに対してキャッシュフロー計算書は過去の情報であるという相違点もあります。

詳細はこちら 

資金繰りで一番重要なのは過剰在庫

現行制度会計上、収益は実現の時点で、売上原価は費用収益対応の原則に基づき売上高との直接的対応関係に基づき期間損益計算を行う仕組みとなっています。したがって過剰在庫による業績悪化が損益計算に全く反映されないという盲点があります。

それに対してキャッシュフロー計算書はキャッシュフローを対象としているため過剰在庫による業績悪化を浮き彫りにする機能があります。

詳細はこちら 

キャッシュフロー計算書Excelテンプレート


資金繰り表Excelテンプレート






キャッシュフロー計算書


間接法の調整項目


資金繰り・資金繰り表


作成手順



キャッシュフロー計算書の雛形(簡易版) キャッシュフロー計算書の雛形(中小企業用)  キャッシュフロー計算書の雛形(グラフあり)  キャッシュフロー計算書の雛形(推移グラフ)  資金繰り予測表の雛形(日繰り)



当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008-2019 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立