キャッシュフロー計算書の作成と雛形

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書とは、企業の一会計期間におけるキャッシュフローの状況を利害関係者に報告するために作成される財務諸表をいいます。

詳細はこちら 

財務諸表とは

ちなみに財務諸表(決算書)とは、企業の財政状態及び経営成績等を株主や債権者等の利害関係者に報告するために作成される報告書をいいます。要するに会社の通信簿です。

財務諸表は各種書類で構成されますが最も重要とされるのは財務三表とも呼ばれる次の三つです。

詳細はこちら(姉妹サイト) 

なぜキャッシュフロー計算書が重要なのか

キャッシュフロー計算書は企業の資金に関する情報を補足する計算書です。キャッシュフロー計算書は発生主義をベースとする現行制度会計の欠点を補う財務諸表としてものとして重要な位置づけとなっています。

詳細はこちら 

資金に関する情報とは

資金に関する情報とは、貸借対照表の期首の現預金残高が期末の現預金残高に至るまでの増減の原因をいいます。

キャッシュフロー計算書はこれを資金の有機的な流れ(キャッシュフロー)と捉え、一定の活動別に区分して表示したものとなります。

詳細はこちら 

資金に関する情報とは

資金に関する情報とは、貸借対照表の期首の現預金残高が期末の現預金残高に至るまでの増減の原因をいいます。

これを有機的な資金の流れ(キャッシュフロー)として捉え、一定の活動別に区分して表示したものがキャッシュフロー計算書となります。

詳細はこちら 

資金繰りで一番重要なのは過剰在庫

現行制度会計上、収益は実現の時点で、売上原価は費用収益対応の原則に基づき売上高との直接的対応関係に基づき期間損益計算を行う仕組みとなっています。したがって過剰在庫による業績悪化が損益計算に全く反映されないという盲点があります。

それに対してキャッシュフロー計算書はキャッシュフローを対象としているため過剰在庫による業績悪化を浮き彫りにする機能があります。

詳細はこちら 

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは、ある会計期間にどれだけのキャッシュが会社に流入し逆にどれだけのキャッシュが会社から流出していったのかというキャッシュの流れを指します。

キャッシュフロー計算書は損益計算とは異なりキャッシュの増減という完全なる事実に基づいたものであるため客観性が高く、全く操作の余地がないという特徴があります。

詳細はこちら 

キャッシュとは

キャッシュ、すなわちキャッシュフロー計算書が対象とする資金の範囲は現金及び現金同等物となります。具体的には現金や預金などとなり貸借対照表に記載されている現金や預金よりもう少し幅広い概念となっています。

詳細はこちら 


キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書とは、企業の一会計期間におけるキャッシュフローの状況を利害関係者に報告するために作成される財務諸表をいいます。

キャッシュフロー計算書には直接法キャッシュフロー計算書間接法キャッシュフロー計算書の2種類があります。

詳細はこちら 

直接法キャッシュフロー計算書とは

直接法キャッシュフロー計算書とは、資金の流入(キャッシュインフロー)と資金の流出(キャッシュアウトフロー)とを直接足し引きして営業活動によるキャッシュフローを表示する表示形式です。

通常の一般の方が考えるキャッシュフロー計算書のイメージがこちらの直接法キャッシュフロー計算書だと思います。国際会計基準等、欧米ではキャッシュフロー計算書といったらこちらを指すことが多いようです。

詳細はこちら 

間接法キャッシュフロー計算著

それに対して間接法キャッシュフロー計算書とは、損益計算書の当期純利益を出発点として、そこに各種調整を加えることで間接的に営業活動によるキャッシュフローを表示する表示形式です。

日本でキャッシュフロー計算書といった場合にはこちらの間接法キャッシュフロー計算書を指し、上場企業が公開するキャッシュフロー計算書は99%がこちらの表示形式が採用されています。

詳細はこちら 


営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローはその会社が本業の営業活動からどれだけのキャッシュを稼いだのかを示します。

営業活動によるキャッシュフローがプラスである場合はその会社の本業の営業活動が順調で本業からキャッシュを獲得できていることを意味します。

詳細はこちら 


投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローはその会社が将来の利益獲得のためにどの程度の資金を投資したのか、余剰資金をどのように運用しているのか等を示します。

投資活動によるキャッシュフローからその会社がどのような営業戦略を持っているのかを読み取ることができます。

詳細はこちら 


財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローはその会社がどの程度の資金を調達し、どの程度の資金の返済等を行ったか等を示します。

財務活動によるキャッシュフローはおおまかに銀行借入による資金の調達と、銀行借入の返済により構成されています。したがって、財務キャッシュフローを見ることでその会社が今資金を必要としているのかそうでないのかを読み取ることができます。

詳細はこちら 


フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローとは、企業本来の営業活動の結果獲得したキャッシュフロー(営業キャッシュフロー)から、現事業維持のために必要なキャッシュフロー(投資キャッシュフロー)を差し引いたものです。つまり会社が自由に使うことができる資金的余裕だといえます。余裕があれば将来のためにいろいろな種を撒くことができますしそのためにもフリーキャッシュフローの最大化を目指すのがおおまかにキャッシュフロー経営となります。

詳細はこちら 


キャッシュフロー計算書の読み方

キャッシュフロー計算書を読む場合にはいきなり細部に注目しないでまず最初におおまかな全体像からトレンドを読み取っていきます。

詳細はこちら 


黒字倒産とは

黒字倒産とは、黒字会社が倒産してしまうことをいいます。

損益計算書だけ見ると業績絶好調なのにいきなり会社が倒産してしまう事例が過去に結構ありましたがその多くが過剰在庫を原因としていました。そしてキャッシュフロー計算書には全ての事例で予兆が表れていました。

詳細はこちら 

キャッシュフロー計算書の具体例

ここまでのところを踏まえますとキャッシュフロー計算書の具体例は次の通りとなります。

詳細はこちら 

キャッシュフロー計算書の作成手順

キャッシュフロー計算書の作成はExcelの精算表を使うのが一般的です。その際の一連の手順をまとめると次のとおりです。

詳細はこちら 

資金繰りとは

資金繰りとは、資金の残高が不足して資金がショートすることがないよう資金の残高を管理し、資金不足が見込まれる場合には事前に対策を立ててやりくりすることをいいます。

なお、キャッシュフロー計算書が上場会社等に対してその公表が義務付けられている財務諸表であるのに対して、資金繰り表はあくまで内部資料でありその作成は任意である点で大きな違いがあります。

ちなみに資金繰り表は主に将来の予測であるのに対してキャッシュフロー計算書は過去の情報であるという相違点もあります。

詳細はこちら 

キャッシュフロー計算書Excelテンプレート


資金繰り表Excelテンプレート


キャッシュフロー計算書関係おすすめ書籍

次の書籍はキャッシュフロー計算書や、財務三表のつながり等についてズバリ解説を行なっている名著です。おすすめ。


決算書はここだけ読め!キャッシュフロー計算書編 財務三法一体理解法 財務三法一体分析法

キャッシュフロー計算書


間接法の調整項目


資金繰り・資金繰り表


作成手順



キャッシュフロー計算書の雛形(簡易版) キャッシュフロー計算書の雛形(中小企業用)
キャッシュフロー計算書の雛形(グラフあり) キャッシュフロー計算書の雛形(推移グラフ)
資金繰り予測表の雛形
資金繰り予測表の雛形(日繰り)





当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008-2019 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立