HOME作成手順キャッシュフロー計算書雛形資金繰り表雛形


資金繰りとは

資金繰りとは、資金の残高が不足して資金がショートすることがないよう資金の残高を管理し、資金残高の不足が見込まれる場合には事前に対策を立ててやりくりすることをいいます。



最も重要なのは在庫管理

資金繰り・在庫管理

なお、資金繰りとは「資金そのものの管理」、「数字とのにらめっこ」であると誤解してる方がいるかもしれませんが資金繰りはそれだけではありません。

むしろ資金繰りが悪化して黒字倒産する会社のほとんど全てが過剰在庫を原因とする資金繰り悪化で倒産していることを考えると、資金繰りで最も重要なことは適切な在庫管理であるといっても過言ではありません。

 黒字倒産


得意先の信用調査、過度な売上の増加に要注意

なお、売上が好調で利益が出ている場合であっても取引先の売上債権が焦げ付いて貸し倒れになると急激に運転資本が減少して資金繰りが危機的状態に陥ってしまいます。貸倒れにならなくても売上高が急増した場合も必要運転資本の増加により資金が不足します。

したがって、資金繰りを考える上では、定期的な得意先の信用調査や売上高の急激な増加にも注意する必要があります。



適切な資金残高

ちなみに、資金繰り上、現預金残高として適切な水準月商の1ヶ月分くらいが一般的に理想と言われています。現預金月商比率という財務分析指標もありますのでそちらも参考にしてみてください。

 現預金月商比率


資金繰りと黒字倒産

資金繰りと関連が深いテーマとして黒字倒産というものがあります。黒字倒産とは損益計算書上利益が計上されているにもかかわらず、資金繰りが悪化して倒産してしまうことをいいます。詳細は次のページをご覧ください。

 黒字倒産とは


資金繰り表とは

資金繰り表とは、資金繰りのために作成される内部資料です。

キャッシュフロー計算書が上場会社等に対してその公表が義務付けられている財務諸表であるのに対して、資金繰り表はあくまで内部資料でありその作成は任意である点で大きな違いがあります。もちろん外部に公表なんてしません。

ちなみに資金繰り表が主に将来の予測であるのに対しキャッシュフロー計算書は過去の情報であるという相違点もあります。

対象 作成公表 時系列
資金繰り表 資金 任意 未来予測
キャッシュフロー計算書 上場企業は強制 過去情報


資金繰り表を作成するメリット

資金繰り表を作成すると将来の資金残高をある程度予測することができるようになります。将来的に資金不足する場合には少しでも早いタイミングでそれを察知することができれば対策としてとりうる選択肢が広がりますのでこれは大きなメリットです。

詳細 資金不足が見込まれる場合の資金繰り
詳細 黒字会社の資金繰り


資金繰りのための資金調達

資金調達にはおおまかに二つあります。ひとつめが間接金融による資金調達で、もうひとつが直接金融による資金調達です。

詳細 資金調達方法のまとめ



資金繰り表の雛形(Excelテンプレート)

キャッシュフロー計算書


間接法の調整項目


資金繰り・資金繰り表



キャッシュフロー計算書の雛形(簡易版) キャッシュフロー計算書の雛形(中小企業用)
キャッシュフロー計算書の雛形(グラフあり) キャッシュフロー計算書の雛形(推移グラフ)
資金繰り予測表の雛形
資金繰り予測表の雛形(日繰り)



目  次


資金不足が見込まれる場合



なお資金には運転資金設備投資資金があります。したがって資金繰りも運転資金の資金繰り設備投資資金の資金繰りに分けて考える必要があります。





(C) 2008-2019 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立