キャッシュフロー計算書の作成と雛形


資金繰りとは

資金繰りとは、支払い不足になることがないよう資金をやりくりすることをいいます。資金繰りは中小企業等の場合には社長が、ある程度組織化されている会社の場合には財務部門が担当します。

正常な営業状態の会社であれば資金繰り表を作成し、設備投資、新規事業計画等によりまとまった資金が必要となる都度あらかじめ銀行融資等により必要資金を手当てしておくことが資金繰りにとって重要です。

正常でなくなった場合には、日繰り資金繰り表を作成し、売上債権の入金を早くしてもらったり、仕入債務の支払期限を延ばしてもらったり、銀行とリスケジュールの交渉を行うなどしてなんとか手形決済日に手形不渡りにならないよう資金のやりくりを行う必要があります。



過剰在庫=資金の滞留

資金繰りというと主に資金面でのやりくりや資金調達だけであると誤解しそうになりますが資金繰りはそれだけではありません。

むしろ、資金繰りが悪化して黒字倒産する会社のほとんど全てが過剰在庫を原因とする資金繰り悪化で倒産していることを考えると、資金繰りで最も重要なことは適切な在庫管理であるといっても過言ではありません。このように資金繰りとは単なる資金の数字上のやりくりだけではなく、在庫管理、売上債権の回収状況の把握等、事業活動全般に大きく係わっています。



適切な資金残高

ちなみに、資金繰りを考えた上で会社の現預金残高として適切な水準としては月商の1ヶ月分くらいが一般的に理想と言われています。現預金月商比率という財務分析指標もありますのでそちらも参考にしてみてください。



資金繰りと黒字倒産

資金繰りと関連が深いテーマとして黒字倒産というものがあります。黒字倒産とは損益計算書上利益が計上されているにもかかわらず、資金繰りが悪化して倒産してしまうことをいいます。詳細はこちら(黒字倒産とは)をご覧ください。

 黒字倒産とは


資金繰り表とは

資金繰り表とは、資金繰りに役立てるために作成される内部資料です。キャッシュフロー計算書が上場会社等に対してその公表が義務付けられているのに対して、資金繰り表はあくまで内部資料でありその作成は任意である点で大きな違いがあります。

資金繰り表はその対象とするものが資金であるという点でキャッシュフロー計算書と同じで名称も少し似ていますが、資金繰り表が主に将来の予測であるのに対しキャッシュフロー計算書は過去の情報であるというように本質的に大きく異なります。

対象 作成公表 時系列
資金繰り表 資金 任意 未来予測
キャッシュフロー計算書 上場企業は強制 過去情報


資金繰り表を作成するメリット

資金繰り表を作成していると、将来的な資金不足をかなり早いタイミングで察知することができます。これにより対策としてとりうる選択肢が広がるという大きなメリットがあります。また逆に将来的に資金に余裕が出てくると見込まれる場合には、その余裕資金を事業活動に再投資するなどしてより資本効率の高い経営を行なうことが可能となります。

これら以外にも正確な資金繰り表を社内で作成していることによる経営者の精神衛生上の安心感というメリットもあります。中小企業の経営者は銀行融資を受ける際には必ず個人保証が求められるためこの安心感というのはかなり大きなメリットです。

詳細 資金不足が見込まれる場合の資金繰り
詳細 黒字会社の資金繰り


資金繰り表作成と売上代金の予測

正確な資金繰り表の作成は、正確な売上代金の入金予測にかかっているといっても過言ではありません。

売上代金の入金予測は、長期的には事業計画及び売上予測等に基づき、短期的には営業部門が作成した販売計画等に基づき、それぞれの得意先ごとの月ごとの売上金額にそれぞれの得意先ごとの売掛金回収期間(月末締め翌月末払い等)を考慮してExcel上で入金予測を行なっていきます。

詳細 資金繰り表の作成


資金繰りのための資金調達

資金調達にはおおまかに二つあります。ひとつめが間接金融による資金調達で、もうひとつが直接金融による資金調達です。

間接金融による資金調達には銀行融資や公的融資等があり、直接金融による資金調達でには私募債発行、株式発行等があります。

詳細 資金調達方法のまとめ


資金繰り表の雛形(Excelテンプレート)



目  次


資金不足が見込まれる場合





当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2008-2016 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立