キャッシュフロー計算書の作成と雛形


資金不足が見込まれる場合の資金繰り

作成した資金繰り表から将来的にまとまった支払い予定があるため一時的に資金が不足すると予測される場合には、その原因を調査し、原因に応じて次のような対応を取ります。


設備投資の計画がある 設備投資資金の融資を銀行に申し込む
売上増により運転資本が不足 運転資本の融資を銀行に申し込む
過剰在庫がある 過剰在庫の早期解消を目指すと同時に運転資本の融資を銀行に申し込む
滞留債権がある 滞留債権の早期回収を目指すと同時に運転資本の融資を銀行に申し込む


さらに緊急を要する場合には、社内の関連部署と連携の上、支払時期を翌月以降にずらす、入金時期をなんとか前倒しにしてもらう等の対応を行ないます。またこの場合にはたった1日といえども資金がショートしないよう慎重に日繰りで資金繰りを行います。



目  次



資金繰り表・資金繰りとは 資金調達方法のまとめ





当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2008-2016 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立