キャッシュフロー計算書の作成と雛形

キャッシュフロー計算書の企業会計との関連

現行の企業会計は発生主義をベースとしているため、損益計算書において計算される利益と実際に事業活動により獲得して最終的に手許に残った現預金とは大きく異なります。

また、当期における資金の調達関係は貸借対照表の借方の前期末の数字と当期末の数字の増減から間接的に把握することはできますが、企業が一会計期間にどれだけの資金を調達し、それを何に投資したのかを損益計算書貸借対照表から直接的に把握することはできません。

それに対してキャッシュフロー計算書は、企業がどのように資金を調達し、それをどのように使用したのかを直接的に明らかにします。さらに間接法キャッシュフロー計算書が採用されている場合には、損益計算書において計算された利益と最終的に手許に残った現預金との差異も明らかにされます。

つまりキャッシュフロー計算書は発生主義をベースとしている現行制度会計の欠点を補うものとして非常に有用な情報を提供する財務諸表となっています。

詳細 損益計算書とは
詳細 貸借対照表とは
詳細 資金繰り・資金繰り表とは


目  次



間接法と直接法 貸借対照表との関連



当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008-2017 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立