キャッシュフロー計算書の作成と雛形


貸倒引当金

貸倒引当金とは、売掛金や受取手形などの金銭債権の貸倒れによる将来の回収不能額を当期に見積計上した金銭債権の評価勘定です。したがって、貸倒引当金を繰り入れた時点では資金の流出を伴っていため、損益計算書に費用として計上されている貸倒引当金繰入額は、キャッシュフロー計算書の作成にあたり、資金の増加として営業活動によるキャッシュフロー計算書の区分に記載し、加算調整します。


貸倒引当金計上

貸倒引当金を繰り入れた際の仕訳は次のとおりとなり、そのうち貸倒引当金繰入が損益計算書に費用として記載され、貸倒引当金が貸借対照表の資産の部に評価勘定としてマイナスで記載、または負債の部に記載されます。このうち貸倒引当金繰入は損益計算書に費用として計上されているものの、資金の流出を伴っていないため、間接法によるキャッシュフロー計算書の作成にあたって営業活動によるキャッシュフローの区分にプラス記入されます。

貸倒引当金繰入※1 10 貸倒引当金 10


貸倒引当金戻入

前期の決算で計上した貸倒引当金は翌期である当期において取崩しが行なわれますが、その取崩しが行なわれた際の貸倒引当金戻入は収益として損益計算書に計上されているものの、資金の流入を伴わない収益であるため、間接法によるキャッシュフロー計算書の作成にあたり営業活動によるキャッシュフローの区分にマイナス記入されます。

貸倒引当金 10 貸倒引当金戻入※2 10







当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2008-2016 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立