キャッシュフロー計算書の作成と雛形


キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement)とは、企業の一会計期間における「キャッシュフローの状況」を利害関係者に報告するために作成される財務諸表をいいます。ちなみに、「キャッシュフローの状況」とは、一会計期間にどれだけのキャッシュが流入し、どれだけのキャッシュが流出したのかをいいます。

なお、キャッシュとは「現金」及び「現金同等物」のことであり、貸借対照表の現金及び預金勘定とだいたい一致します。詳細はこちら(キャッシュフロー計算書の資金の範囲)をご覧ください。

つまりキャッシュフロー計算書とは、前期末の貸借対照表の現金及び預金勘定の金額が当期末の貸借対照表の現金及び預金勘定の金額に至るまでの増減原因を示したものということになります。






キャッシュフロー計算書の作成義務

キャッシュフロー計算書は、2000年3月期より、金融商品取引法の適用を受ける上場会社等においてその作成・開示が義務付けられている財務諸表です。



中小企業におけるキャッシュフロー計算書の作成

株式を公開していない一般の中小企業はキャッシュフロー計算書を作成する義務はありません。

したがって中小企業においてキャッシュフロー計算書の作成はあくまで任意ということになりますが、中小企業の経営者の頭の中にはイメージとしてだいたいこんなもんだろうとキャッシュフロー計算書がおぼろげながらにあるものです。したがって中小企業においてわざわざキャッシュフローの状況を明らかにするためにキャッシュフロー計算書を作る意味はあまりないと思います。

しかし、中小企業の社長の多くがキャッシュベースで利益を追っているものであるため決算の段階になって自分がイメージしているキャッシュフローより損益計算書の利益がかなり多い(※)、なぜなのかと疑問を持つ方が非常に多いです。

そんな場合には利益とキャッシュフローの差異の原因を明らかにするため間接法によるキャッシュフロー計算書を作成するのは非常に有効です。


※損益計算書は発生ベースで売上高や費用が計上されるため、現金収支よりかなり前倒しで利益が計算されます。したがって利益が出ている会社の場合には、当期の現預金の増減額より利益のほうがだいぶ多く計上されるのはよくあることです。



キャッシュフローの簡易的な計算方法

ちなみにキャッシュフロー計算書を作成しなくとも、損益計算書の当期純利益から売上債権の増加額をマイナスして減価償却費と支払債務の増加額をプラスすることでおおまかにキャッシュフローと利益の整合性が取れていることを確認することができます。これはプロがよく使うテクニックです。



キャッシュフロー計算書の略称

参考ですが、キャッシュ・フロー計算書はキャッシュの後に「・」を入れて「キャッシュ・フロー計算書」と表記するのが会計基準などにおける正式な表記となっています。しかし、市販の書籍等では単に「キャッシュフロー計算書」表記しているものも多いです。当サイトにおきましても見栄え等を考慮しまして「キャッシュフロー計算書」と表記しています。

同様に「キャッシュフロー」や「キャッシュインフロー」等も「キャッシュ・フロー」、「キャッシュ・インフロー」等と表記するのが正式な表記方法ですが当サイトでは「キャッシュフロー」、「キャッシュインフロー」等として表記しています。

ちなみにキャッシュフロー計算書は「C/S」、または「C/F」と短縮されることが多いです。



キャッシュフローとは

ちなみにキャッシュフロー(Cash flow)とは資金の流れのことを指し、期首時点に手許にあった資金から事業活動の結果最終的に手許に残った資金に至るまでの資金の増減原因を指します。このうち資金の流入をキャッシュインフロー(Cash Inflow;CIF)、流出をキャッシュアウトフロー(Cash Outflow;COF)といいます。

キャッシュフローについての詳細はこちら(キャッシュフローとは)をご覧ください。


目  次



キャッシュフロー計算書の区分



当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2008-2016 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立