キャッシュフロー計算書の作成と雛型

間接法によるキャッシュフロー計算書作成の基本的な手順

精算表を使用して間接法キャッシュフロー計算書を作成する場合の基本的な手順としては次のとおりです。

  1. 当期末と前期末の貸借対照表の金額を精算表に入力して当期増減額を計算
  2. 当期の損益計算書の税引前当期純利益をキャッシュフロー計算書の最上段に記載
  3. 1.で計算した増減額と損益のうち資金の流出入を伴わないものを精算表上で調整を行う


間接法キャッシュフロー計算書の作成

複式簿記のルールにしたがって仕訳を入力していけば自動的にある程度形になる貸借対照表損益計算書とは違ってキャッシュフロー計算書はいろいろな資料から手作業でひとつひとつ数字を拾ってそれを集計して作成する必要があります。

キャッシュフロー計算書の作成は会計ソフトで簡易的に作成することも可能ですがExcelを使うのが一般的です。Excelのキャッシュフロー計算書精算表を使った具体的なキャッシュフロー計算書の作成手順は次のとおりです。


   

目  次 



キャッシュフロー計算書の作成に必要な書類

間接法キャッシュフロー計算書を作成するためには、最低限、次の資料が必要になります。


絶対必要な資料 当期の貸借対照表
当期の損益計算書
前期の貸借対照表
取引があれば必要 固定資産の取得・譲渡に関する資料
有価証券の取得・譲渡に関する資料

さらに当期中に固定資産の取得や売却除却、有価証券の購入や売却等を行なっている場合には、別途それらのに関する資料も必要になります。



間接法によるキャッシュフロー計算書作成のイメージ

現行会計基準において損益計算書及び貸借対照表は、現金の収支ではなく、発生ベース、実現した段階で、費用収益対応の原則といった会計原則に則って作成されています。

それに対してキャッシュフロー計算書は現金の収支という事実を示したものです。しかし間接法によるキャッシュフロー計算書のスタート地点は発生主義により作成された損益計算書の税引前当期純利益です。

つまり間接法によりキャッシュフローを作成するということは、発生主義により作成された損益計算書の利益を現金収支ベースの利益に修正していくというイメージです。



関連ページ




当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008-2019 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立