キャッシュフロー計算書の作成と雛型

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは、文字通り「キャッシュ」「流れ=フロー」のことです。

ちなみにキャッシュとは端的に言えば現金と預金です。ただし実際のキャッシュフロー計算書の対象とするキャッシュはもう少し幅広い概念です。詳細は(キャッシュフロー計算書の資金の範囲)をご覧ください。



簡単な図解を貼っておきますとこんな感じです。

なおキャッシュの流れとは川の流れのように一方的なものではなく事業活動に伴う無数のキャッシュの流出入です。そのキャッシュの流入をキャッシュインフロー、キャッシュの流出をキャッシュアウトフローといいます。そしてこの純額がキャッシュフローとなります。

まとめるとキャッシュフローとはある会計期間にどれだけのキャッシュが会社に流入してきてどれだけのキャッシュが流出していったのかというキャッシュの流れとなります。



キャッシュフローの具体例

期首時点に手元に8,000万円あったとします。その8,000万円で土地を購入し、数日後その土地が1億円で売れたとします。

この場合のキャッシュフローは1億円−8,000万円で2,000万円となります。



キャッシュインフローとは

キャッシュインフローとはキャッシュの流入のことです。

キャッシュインフローは、主に営業活動による売上代金の回収がそれに該当しますが、営業活動だけに係わらず、株主からの出資による資金の増加、銀行借入等による資金の増加も全てキャッシュインフローに該当します。上の具体例で言えば1億円の入金がキャッシュインフローになります。



キャッシュアウトフローとは

次にキャッシュアウトフローとはキャッシュの流出のことです。

キャッシュアウトフローは、商品販売業であれば商品の仕入代金の支払いや店舗の賃借料の支払い、従業員の給料の支払いなどが該当します。なお、損益計算書販売費一般管理費の多くがキャッシュアウトフローとなります。上の具体例で言いますと8000万円の土地代金の支払いがキャッシュアウロフローとなります。

なお損益計算書の費用は大半が時点のズレこそあれ大半がキャッシュアウトフローとなりますがキャッシュの流出を伴わない費用もあります。それが減価償却費、引当金の繰り入れなどです。大きいのは減価償却費ですので減価償却費を非資金費用だと覚えておけば実務上問題ないです。


詳細 減価償却費(非資金費用)の調整


プロが使うテクニック

キャッシュフローは通常、Excelでキャッシュフロー計算書を作成したりして把握するものですが実は電卓を叩くだけである程度簡単に計算することができます。プロがよく使うテクニックです。やり方は次のとおりです。


   

損益計算書の当期純利益から売上債権の増加額をマイナスし、そこに減価償却費と支払債務の増加額をプラスするだけです。



フリーキャッシュフロー

キャッシュフローについて考える上で重要なのがフリーキャッシュフローという概念です。詳細はこちらをご覧ください。


目  次


黒字倒産とは

キャッシュフロー計算書関係おすすめ書籍

決算書はここだけ読め!キャッシュフロー計算書編 財務三法一体理解法 財務三法一体分析法

これらの書籍はあまり知られてはいませんが、それぞれキャッシュフロー計算書のポイントや、財務三表のつながり等についてズバリ解説を行なっている名著ばかりです。

これらの書籍を熟読することでキャッシュフロー計算書や決算書についてかなり深い理解が得られるはずです。





当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008-2019 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立