キャッシュフロー計算書の作成と雛形


キャッシュフロー経営

キャッシュフロー経営とは、損益計算書の利益を重視する伝統的な経営スタイルではなく、フリーキャッシュフローの最大化を重視して経営することをいいます。



キャッシュフロー経営の内容

営業活動によるキャッシュフローを左右する主なものは利益売上債権在庫仕入債務減価償却費です。

したがってキャッシュフロー経営では、利益拡大は当然のこととしてそれを踏まえたうえで「売上債権の回収」、「過剰在庫の削減」、「仕入債務の支払期間を延ばす」の3つにも主眼を置きます。この中でも特に重要なのが在庫管理となります。



棚卸資産回転期間(在庫回転期間)

在庫管理を行う上で当社の在庫の水準が同業他社と比較して過剰でないかどうかを判断する財務分析指標として棚卸資産回転期間があります。在庫回転月数とも呼ばれます。 詳細はこちらのページをご覧ください。

棚卸資産回転期間は「棚卸資産の金額を売上高に÷365した数字で割る」ことより計算します。棚卸資産の金額を売上高に÷12した数字で割ったものが在庫回転月数で実務的にはこちらのほうが使い勝手がよいです。通常の製造業、小売業の場合は在庫回転期間がだいたい売上高の1月分というのが正常の目安です。3月分、半年分とあるようでは明らかに過剰です。黒字倒産する会社の多くがこの過剰在庫を原因とする資金繰り悪化が原因で倒産しているのは前述のとおりです。



目  次



黒字倒産の本当の理由 フリーキャッシュフロー





当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2008-2016 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立