キャッシュフロー計算書の作成と雛形

資金繰り表とキャッシュフロー計算書との相違点

キャッシュフロー計算書が過去の一定期間におけるキャッシュフローの状況をまとめたものに対し資金繰り表は将来の予測未来情報です。

また、資金繰り表は月単位、週単位、日単位と必要に応じて自由な期間を単位として作成されるのに対して、キャッシュフロー計算書は決算ごとに会計期間(事業年度、四半期、半期)を単位として作成されます。

なお、資金繰り表は資金の残高が絶対にマイナスという結果にならないことを命題としているのに対し、キャッシュフロー計算書はマイナスとなった場合にはそれがどういった理由でマイナスになったのかという原因が重要になります


 

まとめるとこんな感じです。

対象 作成公表 時系列
資金繰り表 資金 任意作成 未来予測
キャッシュフロー計算書 上場企業は強制 過去情報

 

 前のページ 次のページ 

キャッシュフロー計算書

直接法と間接法

キャッシュフローの分類

倒産危険会社の判定

読み方と分析等

間接法の調整項目

資金繰り・資金繰り表





当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立