キャッシュフロー計算書の作成と雛形


間接法キャッシュフロー計算書

間接法キャッシュフロー計算書とは、損益計算書の当期純利益を出発点とし、そこにキャッシュフローに関連する調整を加えることで誘導的に営業活動によるキャッシュフローを表示する方法です。



なお、損益計算書の収益及び費用は、資金の収支ではなく発生ベースで計上されています。したがって損益計算書の当期純利益をスタート地点としてキャッシュフロー計算書を作成するためには、発生ベースで計算された利益を資金の収支ベースに修正する必要があります。(修正事項については下記に記載しています。)



間接法により営業キャッシュフローの計算

上記を前提に直説法により営業活動キャッシュフローを計算すると次のとおりとなります。直説法により計算する場合はこちら

営業活動によるキャッシュフローを構成する各項目の金額を入力し、計算ボタンを押すと営業キャッシュフローが計算されます。キャッシュの増加は正数、キャッシュの減少はマイナスで入力し、金額がない場合にはゼロを入力してください。

税引前当期純利益
減価償却費
売上債権の増加(増加は△)
仕入債務の増減(減少は△)
法人税等の支払額
営業キャッシュフロー


間接法キャッシュフロー計算書の特徴

間接法キャッシュフロー計算書は、前述のとおり損益計算書の当期純利益を出発点にして営業キャッシュフローを表示する方法です。つまり間接法キャッシュフロー計算書は、損益計算書の当期純利益と営業活動によるキャッシュフローとの差異をキャッシュフロー計算書上で一覧表示しているということもできます。

したがって、間接法キャッシュフロー計算書は、損益計算書の利益と資金収支との関連を明らかにし、損益計算書の最終利益がどれほどのキャッシュの裏づけを持つのかという、資金の裏づけのある収益力を示すことが可能になるという利点があります。また間接法キャッシュフロー計算書は、直接法キャッシュフロー計算書と比較して作成が容易で低コストですむという利点もあります。

詳細 直接法キャッシュフロー計算書


間接法キャッシュフローの短所

間接法キャッシュフロー計算書は、直説法キャッシュフロー計算書とは異なり、営業キャッシュフローを構成するキャッシュ項目を直接把握することができないという短所があります。



設問

A社の当月の税引前当期純利益は200だった。販売費管理費には減価償却費が100計上されている。なお当月の売上債権の増加は100、仕入債務の増加は50であり受取利息はない。なお法人税等は30と見積もられた。この場合の営業キャッシュフローを計算しなさい。(解答はページ一番下です。)



間接法キャッシュフロー計算書雛形

ダウンロード

SPONSORED LINK


間接法キャッシュフロー計算書雛形



間接法キャッシュフロー計算書の調整一覧

間接法キャッシュフロー計算書は、損益計算書の税引前当期純利益をスタート地点として資金の増減を伴わない損益項目と、資金の増減に影響する資産の増減に関する調整を加えていくことで作成されます。その間接法キャッシュフロー計算書作成の調整項目の一覧は次のとおりです。



間接法キャッシュフロー計算書のExcel精算書テンプレート

間接法キャッシュフロー計算書は、Excelの精算書を使って作成するのが一般的です。精算書についてはこちらでダウンロードが可能です。

詳細 間接法キャッシュフロー計算書Excelテンプレート


間接法キャッシュフロー計算書を作成する際の必要書類

間接法キャッシュフロー計算書を作成するためには、当期分の貸借対照表及び損益計算書、前期分の貸借対照表が必要となります。

その他、固定資産や有価証券の新規取得等、新株の発行等を行なっている場合には、別途それらの取得に関する資料もしくは増減明細又はそれらに関する総勘定元帳も必要です。

詳細 間接法キャッシュフロー計算書の作成手順、必要書類等


関連ページ


(設問解答)
200 + 100 - 100 + 50 - 0 = 250
法人税の見積額はまだ実際に支払ったわけではないためキャッシュフローには該当しない点に注意




当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2008-2016 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立