キャッシュフロー計算書の作成と雛形


キャッシュフロー計算書の区分

キャッシュフロー計算書は営業活動投資活動財務活動の三つに区分してキャッシュフローの状況を表示します。


営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローには、次のようなキャッシュフローが表示されます。詳細はこちら

  • 商品の販売代金の回収(営業活動によるキャッシュフローのプラス要因)
  • 減価償却費(営業活動によるキャッシュフローのプラス要因)
  • 商品の仕入代金の支払い(営業活動によるキャッシュフローのマイナス要因)


投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローには、次のようなキャッシュフローが表示されます。詳細はこちら

  • 有形固定資産及び無形固定資産の取得による支出
  • 有形固定資産及び無形固定資産の売却による収入


財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュ・フローには、次のようなキャッシュフローが表示されます。詳細はこちら

  • 株式の発行による収入、配当金の支払い支出
  • 借入れによる収入、借入金の返済による支出


このようにキャッシュフロー計算書を上記三つに区分することで、どのような活動によりキャッシュが増加したのか、またはキャッシュが減少したのかを端的に表すことが可能となっています

それを一覧にすると次のとおりです。より詳しい内容はキャッシュフロー計算書の読み方キャッシュフロー計算書の分析をご覧ください。

営業キャッシュフローがプラス 本業の営業活動が順調で本業によりキャッシュを稼げぐことができている
投資キャッシュフローがプラス 本業以外の投資活動によりキャッシュを稼いでいる
投資キャッシュフローがマイナス 将来の本業の営業活動のために投資を行っている
財務キャッシュフローがプラス 本業の営業活動が順調でないか、投資のための資金を外部調達した


目  次


キャッシュフロー計算書とは 間接法と直接法キャッシュフロー計算書の比較



当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2008-2016 キャッシュフロー計算書の作成と雛形 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立